スタッフ紹介

教 授 調 漸
教授:調 漸 教授 調 漸 (しらべ すすむ)
昭和30年8月25日生まれ
出身地:長崎
E-mailshirabe@nagasaki-u.ac.jp


略歴:
昭和49年 長崎県立長崎西高校 卒業 
昭和57年 熊本大学医学部 卒業
昭和57年 長崎大学医学部附属病院で研修医
昭和63年 長崎大学 医学研究科(内科学)卒業 医学博士
昭和63年 健康保険諫早総合病院 内科医師
平成2年 米国国立衛生研究所(NIH)客員研究員
平成6年 長崎大学医学部第一内科助手
平成12年 長崎大学医学部第一内科講師
平成14年 長崎大学医学部第一内科助教授
平成17年11月~ 長崎大学医学部・歯学部附属病院 へき地病院再生支援・教育機構 機構長(教授)

専門分野: 内科・神経内科

専門医・認定医: 神経内科専門医・内科認定医

主な研究分野: へき地医療・医療人教育・神経難病

学会活動:
  ・ 日本内科学会
  ・ 日本内科学会
  ・ 家庭医療学会
  ・ 医学教育学会


若手医師への一言

 研修医生活を終わりこれから自分のめざす臨床医像に向かってチャレンジを始める皆さんや、地域医療に真剣に取り組みたい医師、専門医じゃなく「地域医療専門医」みたいな医師を目指したい人、総合医療を学び直したい人へのメッセージは「先生に会えてよかった」といってもらえる医師をめざそう!です。
 私たちの想いは日本流総合医の創出です。今の日本の医療をへき地で問い直して総合診療や海外の家庭医教育、総合医教育に学びながら、自分たちでへき地の現場に必要な医療を考え、学ぶ姿勢が重要だと考えています。
 文部科学省の地域医療等社会的ニーズに対応した医療人育成支援プログラムによって立ち上がり、平戸市と長崎県、長崎大学に引き継がれたへき地病院再生支援機構による後期研修プログラムにあなたの夢を賭けてみませんか?