スタッフ紹介

准教授 中桶 了太
准教授:中桶了太 准教授 中桶 了太 (なかおけ りょうた)
昭和42年4月21日生まれ
出身地:広島県
E-mailnakaoke@nagasaki-u.ac.jp


略歴:
昭和61年  広島学院高校 卒業 
平成7年  長崎大学医学部卒業
平成7年  国立長崎中央病院で1年間臨床研修
平成12年  長崎大学大学院医学研究科(細菌学)卒業 医学博士
平成12年  長崎大学大学院医歯薬総合研究科 神経感覚薬理学 助手
平成14年  米国ミズーリ州セントルイス大学医学部 内科 (客員研究員)
平成17年  帰国
平成17年  長崎大学医学部 第一内科
平成17年  長崎大学医学部・歯学部付属病院 へきち病院再生支援・教育機構 助手

専門分野: 内科・神経内科・薬理学

専門医・認定医: 認定内科医、日本体育協会スポーツドクター

主な研究分野: 地域医療・臨床医教育・家庭医療

学会活動:
  ・ 日本内科学会
  ・ 日本神経学会
  ・ 家庭医療学会
  ・ 医学教育学会


若手医師への一言

 私は長年、研究の面から病気に携わって参りました。近年の科学技術の進歩はめざましいものがあります。既にヒトの染色体の解析は終了し、我々が持っている遺伝子は約3万であることが明らかとなり、これらのデータを元にした分子生物学レベルでの疾患解析は数多くの有用なデータを私たちにもたらしてくれております。一方で、このような先端的な研究も、診療で疾患と対峙しわき出てくる疑問が原動力であると感
じています。
 さて、当機構では皆さんが初期臨床研修で身につけた知識・技術を実践へと結びつける場です。さらに、地域の保健活動や予防医学など様々な研鑽を通して医療人としての経験を積み上げて行きます。ここでの研修を通じて、専門医や研究を目指す先生方にも将来の原動力を提供できるような研修の場を目指しております。